不動産担保ローンの審査基準とはどうなっているのか?

不動産担保ローンというのは不動産を担保にするという有担保ローンとなります。

担保があることで信用もあり、比較的高額の融資を受けやすいという特徴があります。

不動産担保ローンを今後利用したいと考えている人もいると思いますが、当然のことではありますが、不動産担保ローンでは不動産を持っているから大丈夫というのではなく、利用には申込の際に審査をクリアしなければなりません。

不動産担保ローンのサービスを提供している金融機関では、それぞれ審査基準を設けており必ず審査が行われます。

一般的には同じ様な内容であると言われていますが、審査基準はそれぞれ金融機関ごとに異なり、審査結果というのは公表される訳ではないので、通らなかった場合、どうして駄目だったのかということについては推測するしかありません。

では、不動産担保ローンの審査基準とは、どの様な内容になるのでしょうか?不動産担保ローンの審査については、大きく分けて二つのポイントが重要視されています。

まず、契約者について、返済していく能力があるかということです。

安定した収入があるので、仕事の内容などが審査されます。

一般的に不動産担保ローンの場合は担保があるため、安定収入については基準が甘いともいわれていますが、返済能力については必ず問われる審査内容となります。

そしてもう一つは担保となる不動産の価値の審査となります。

不動産を担保として融資を受けるのですから、まずは不動産の価値が判断されなければ融資額もいくらになるかが決まりません。

また、担保できる不動産かというチェックもされます。

◎融資についての参考URL→http://www.masudazeirishi.com/category/1946794.html