不動産担保ローンで担保になりにくい物件とは?

不動産担保ローンを利用する際に担保にする不動産というのは様々な種類のものがあるのですが、金融機関としては担保にしやすい不動産と、そうではない評価が低い不動産というものがあります。

不動産担保ローンのサービスを提供している金融機関としては、融資をする際に借主が万が一返済できなくなった場合のことを考慮し、担保の不動産が高く売れるか?売りやすい不動産か?という価値と流通性の二つのポイントをチェックします。

例えば、市街化するための調整区域に入っている土地であったり、接道義務など建築基準法に違反して建て替えやリフォームなどができない状況であったり、不便な場所にあったりという場合、売却はとてもしづらい物件となり、さらに売却できたとしても価格が低くなる可能性があります。

この場合、不動産の評価は低く、場合によっては融資の担保にはならないという不動産もあります。

また、不動産担保ローンの担保にする不動産というのは、当然ですが所有権がなくてはなりません。

借地権であった場合は不動産担保ローンの担保対象にはならないこともあり、また、住宅ローンを返済中の不動産に関しては返済が滞っている様な場合には利用できない場合もあります。

ただし、住宅ローンの返済中の場合、一般的には借入先の金融機関が第一順位の抵当権となっているので、この場合、不動産担保ローンの担保にすることはできません。

不動産担保ローンの担保については、評価基準、担保対象の基準が金融機関によって異なるので、ある金融機関で担保として認められなかったとしてもその他の金融機関では担保として認められるというケースもあります。

不動産担保ローンを利用する場合は、時間に余裕をもって、複数の金融機関の不動産担保ローンを検討してみるといいでしょう。